鳥取ブルーカーボンプロジェクト

いま、鳥取の海では、ムラサキウニによる食害などにより、「藻場」が失われつつあります。
「藻場」は、魚のすみかであり、温室効果ガス(二酸化炭素)の吸収源でもある、海にとって大切な存在です。
そこで、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、
ムラサキウニを通した磯焼け等の海の問題について考えていくプロジェクトをスタートしました。
それが『鳥取ブルーカーボンプロジェクト「豊かな海の再生をめざして」』です。

※ブルーカーボンとは、海藻や海洋生物によって吸収される二酸化炭素のことです。

プロジェクト01
藻場回復に向けて加工用ウニを確保しよう!

背景

温暖化等に伴うムラサキウニの増殖による食害から、貝や魚の生育環境が悪化し、魚の住処である藻場が減少(磯焼け)しています。
そして、磯焼けにより、漁獲量の低下や、温室効果ガスの吸収源が減退するなどの問題もあります。

プロジェクトの概要

藻場の減少(磯焼け)の主な原因であるムラサキウニを駆除(採取)し、藻場の回復を通して、貝や魚などの、水産資源の回復。そして、温室効果ガスの削減に寄与していきます。

プロジェクト02
ウニの加工品やメニューを開発しよう!

背景

採取したムラサキウニは、身入りが少なく、あまり食べられないため、流通は限定的。採取したムラサキウニの活用策が課題となります。

プロジェクトの概要

採取したムラサキウニを畜養する体制を構築し、地元の飲食店と連携し、ウニを原料とした加工品・メニューを開発します!

プロジェクト03
「磯焼け問題」について考えよう!

プロジェクトの概要

小学校や高校などで開催する海の学校。また、「鳥取海のごちそう祭」などのイベントを通じて、海と関わる様々な体験プログラムを提供。
磯焼けなどの海の問題について考える機会をつくり、磯焼け問題を身近な問題として考えてもらうきっかけをつくります。また、学校などにウニを贈呈し、校内畜養するなど学びの機会を継続して展開していきます。

とっとり海のごちそう祭り「豊かな海の再生を目指して」〜見て!触って!食べて!知って!とっとりのウニのこと、海のこと〜。鳥取ごちそう祭。

イベントは終了しました。
ご来場ありがとうございました。

海流の変化や、ムラサキウニなどによる食害により、魚の住処であり、
温室効果ガス(CO2)の吸収源である、藻場が失われつつあります。

そこで、日本財団とタッグを組み、ムラサキウニを通して、
磯焼け等の海の問題について考える、鳥取ブルーカーボンプロジェクトをスタートしました。
「とっとり海のごちそう祭」は、プロジェクトのキックオフイベント!
おいしい海のごちそうを楽しみながら、海について、みんなで考えましょう!

(※ブルーカーボンとは、海藻や海洋生物によって吸収される二酸化炭素のことです。)

ステージイベント

「水産バンド」によるステージ、「さかな芸人ハットリ」による豊かな鳥取の四季の魚あてクイズ!など盛りだくさん!

※ステージスケジュールについては、下記の開催チラシをご覧ください。

鳥取港うまいもん市

海の幸を使った「食」のおもてなし!
おいしい海のごちそうを楽しもう!

漁船取締船「はやぶさ」船内探検!

最新の設備を搭載した進水2周年の「はやぶさ」がやってきます!鳥取県沖合で、漁船の監視をする漁業取締船「はやぶさ」に乗って海のことを学ぼう!
●各先着10組(1組1~2名)
①11時 ②13時 ③14時
岸壁にて各回の30分前から整理券を配布します!

海のごちそうスタンプラリー

鳥取賀露港と、かにっこ館、かろいちを結び、スタンプラリーを開催!スタンプを集めてプレゼントをゲット!

とっとり海のこども食堂

<魚を一匹食べ尽くす>をテーマに、普段なら捨てる部分(骨・頭)をメインにした、包丁を使わない親子料理教室!手ぶらで参加できます
●11:00 魚のおはなし、調理
●12:00 みんなで食べる!
小学生を含む親子先着10組

鳥取の海の生き物タッチプール&学習コーナー

ムラサキウニや色んな海の生き物を触って、勉強してみよう!
(山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館)

ワークショップコーナー

●海藻ハーバリウムづくり
(公立鳥取環境大学)
●海を守ろう!海のプラゴミを使った工作
(鳥取の海が大好きな小学生たち)
●海のお絵描きコンテスト  
13:30お絵描き終了、14:30~入賞者発表

連携イベント かにっこ館 ムラサキウニパネル展

磯焼けが進行しつつある場所に住む痩せたムラサキウニを食材に変える、鳥取ブルーカーボンプロジェクトをパネルで紹介します。

●えさやり体験 (200円/回)
受付11:00~11:50、13:00~エサがなくなるまで
●チリメンモンスターを探そう! (300円/回)
9/10(土)、11(日) 13:00~15:00
【主催】
鳥取ブルーカーボンプロジェクト
「豊かな海の再生を目指して」実行委員会
(一般社団法人海と食文化フォーラム)
【共催】
日本財団「海と日本プロジェクト」
【お問合せ】
鳥取ブルーカーボンプロジェクト
「豊かな海の再生を目指して」実行委員会
(一般社団法人海と食文化フォーラム)
事務局 : 鳥取県 農林水産部 水産振興局 漁業調整課
TEL. 0857-26-7339
(イベント当日の連絡先:TEL.070-5674-5557)
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる 日本財団 海と日本プロジェクトの一環で実施します。当日は、テレビ・新聞等の取材・撮影が入ります。撮影させて頂いた映像等は、メディア各社の報道に加え、海と日本プロジェクトに関連する事業の広報、および「日本財団」の活動を広報する際に、テレビ、ラジオ、新聞、広告、WEB・SNS等の媒体で使用させていただくことがあります。

ご参加いただく方にお願い

  • ●発熱、体調不良の方はご来場をお控えください
  • ●飲食時以外は、マスクの着用をお願いします。
  • ●会場内に消毒液をご用意していますので、手指の消毒をお願いします。
  • ●お客さま同士の距離を取り、会話等は控えめにお願いします。

鳥取県沿岸の岩礁域には藻場が広がり、多くの海藻が生い茂っています。
鳥取県では、熟練の漁業者により、松葉がにやアカガレイといった冷たい海の魚から、サワラやアジといった暖かい海の魚まで、多種多様な水産物が、四季折々水揚げされ、漁港や市場は活気にあふれており、この藻場はこれら本県の豊かな水産物に代表される多くの海の生き物の暮らしを支えるとともに、ブルーカーボンとして二酸化炭素を吸収し地球環境を保全する役も担っています。

しかし、ここ数年、この鳥取の海に異変が生じています。
鳥取県沿岸でムラサキウニが大量に繁殖し、藻場を覆い尽くしているのです。
このムラサキウニたちは海藻が大好物であるため、周辺の海藻を食べ尽くしてしまいます。そのため鳥取の海では長期的に藻場が消失する「磯焼け」に近い状況になりつつあります。

そこで、藻場を緊急的に回復させるため、鳥取県では令和4年度からムラサキウニの集中駆除に取り組むこととなりました。
とはいえ、ウニはとても美味しい海の幸です。
駆除するだけでなく、この豊かな鳥取の海のごちそうの一つとして、たくさんの方に食べていただき、鳥取の海に思いを寄せていただきたいと考えました。
こうしてスタートしたのが鳥取ブルーカーボンプロジェクト「豊かな海の再生を目指して」です。

ウニを入り口として、鳥取の海や藻場、藻場から育まれるアワビやサザエ、トビウオやハタハタといった豊かな鳥取の海の幸に関心を持っていただき、味わっていただけたら幸いです。

海と日本PROJECT【日本財団】